Ver5、Ver6 形式のアドインを Ver7 形式にアップグレードする

RootPro CAD Ver5、Ver6 で作成したアドインを、RootPro CAD Ver7 で使用するためには、以下の手順でアップグレードを行う必要があります。

【C#アドインプロジェクトの場合】

  1. ソリューションファイル (.sln) をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
    • 1行目の「Format Version」を変更します。
      Microsoft Visual Studio Solution File, Format Version 10.00

      Microsoft Visual Studio Solution File, Format Version 12.00
  2. プロジェクトファイル (.csproj) をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
    • <Project>要素のToolsVersion属性を「3.5」から「12.0」に変更します。
    • <ProjectTypeGuids>要素を削除します。
    • <TargetFrameworkVersion>要素を「v3.5」から「v4.5」に変更します。
    • 参照ライブラリをVer7に変更します。
      <Reference Include="RootPro.RootProCAD.Library.v5, Version=5.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=48ba16f39e753f09, processorArchitecture=MSIL" />

      <Reference Include="RootPro.RootProCAD.Library.v7, Version=7.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=48ba16f39e753f09, processorArchitecture=MSIL" />
    • <PropertyGroup Condition=" '$(Configuration)' == 'Debug' ">
      <PropertyGroup Condition=" '$(Configuration)' == 'Release' ">
      の子要素にデバッグ開始動作の設定を追加
      <StartAction>Program</StartAction>
      <StartProgram>$(registry:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\RootProCAD7pro.exe@Path)RootProCAD7pro.exe</StartProgram>
  3. AppAddIn.designer.csまたはRootProCADApplication.designer.csファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

    • クラスの派生元からMicrosoft.VisualStudio.Tools.Applications.Runtime.IEntryPointを削除します。

【VBアドインプロジェクトの場合】

  1. ソリューションファイル (.sln) をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
    • 1行目の「Format Version」を変更します。
      Microsoft Visual Studio Solution File, Format Version 10.00

      Microsoft Visual Studio Solution File, Format Version 12.00
  2. プロジェクトファイル (.vbproj) をメモ帳などのテキストエディタで開きます。
    • <Project>要素のToolsVersion属性を「3.5」から「12.0」に変更します。
    • <ProjectTypeGuids>要素を削除します。
    • <TargetFrameworkVersion>要素を「v3.5」から「v4.5」に変更します。
    • 参照ライブラリをVer7に変更します。
      <Reference Include="RootPro.RootProCAD.Library.v5, Version=5.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=48ba16f39e753f09, processorArchitecture=MSIL" />

      <Reference Include="RootPro.RootProCAD.Library.v7, Version=7.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=48ba16f39e753f09, processorArchitecture=MSIL" />
    • <PropertyGroup Condition=" '$(Configuration)' == 'Debug' ">
      <PropertyGroup Condition=" '$(Configuration)' == 'Release' ">
      の子要素にデバッグ開始動作の設定を追加
      <StartAction>Program</StartAction>
      <StartProgram>$(registry:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\RootProCAD7pro.exe@Path)RootProCAD7pro.exe</StartProgram>
  3. AppAddIn.designer.vbまたはRootProCADApplication.designer.vbファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

    • クラスの派生元からMicrosoft.VisualStudio.Tools.Applications.Runtime.IEntryPointを削除します。

【アドインプロジェクトのビルド(C#、VB)】

  1. RootPro CAD の [アドイン] - [Visual Studio を起動] メニューをクリックして、Microsoft の開発ツール「Visual Studio」を起動します。
  2. 「Visual Studio」がインストールされていない場合は、確認メッセージボックスが表示されるので、[はい] をクリックして、Microsoft のホームページから「Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop」をダウンロードしてインストールします。
    インストール完了後、「Visual Studio」を起動します。
  3. 「Visual Studio」の [ファイル] - [プロジェクトを開く] メニューを選択して、アドインプロジェクトのソリューションファイル (.sln) を選択します。
  4. [ビルド] - [ソリューションのビルド] メニューを選択すると、ビルドが行われてアドインファイル (.dll) が生成されます。
  5. [デバッグ] - [デバッグ開始] メニューを選択します。RootPro CAD Professional が起動されるので、アドインが動作することを確認します。